若狭町のコロナ感染は誰?感染前の行動で話題に?

スポンサードリンク

2020年4月18日に福井県にてコロナウイルス感染が106件目になったと発表されましたね。

4月18日は105件目の若狭町の30代女性と106件目の福井市の男性の2件とのことですが、この105件目の感染者が誰なんだと話題になっている様ですね。

何故なのかも含めて書いていけたらと思います。

スポンサードリンク

若狭町のコロナ感染は誰?感染前の行動で話題に?

福井県105件目の若狭町の30代女性が感染しました。

誰でどんな人かについて気になっている方が多い様ですね。

福井県の発表によると、以下の様な方とのです。

年齢:30代

性別:女性

職業:無職

居住地:若狭町(二洲?)

居住地は若狭町ではある様ですが、二洲かどうかまではわからない様ですね。

ただ、二洲の保健所に向かっている様ですから、その近くの在住の可能性もありそうですね。

福井県で公開されている報道資料によると、4月12日頃に症状が出始めて4月17日に陽性と判明しているのですが、その発症前の2週間前に静岡県、愛知県、大阪府、岐阜県を巡っていた様ですね。

無職の女性との事ですから、仕事かどうかは怪しい感じですし、誰かと旅行にでも行っていたのでしょうか?

濃厚接触者は同居家族1名との事ですから、2人で出かけていたのかもしれませんね。

どうしても行かなければいけない理由もあったのかもしれませんが、自粛ムードが強くなり始めた時期ですから、あまり褒められた行動ではない気はしますね。

ネット上の反応

まとめ

若狭町のコロナ感染は誰でどんな人かですが、30代女性で無職の方である事がわかりましたね。

居住地は若狭町とまでしか触れられていませんが、二洲の保健所に向かっているとの事ですから、その近くに住まれているのかもしれませんね。

話題になった理由は、発症前に複数の他県へ向かっていた行動が原因の様ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました