里崎チャンネルが炎上?理由は楽天批判?

スポンサードリンク

元プロ野球選手であり、引退後は解説者は評論家として活躍されている里崎智也さん。

自身のYoutubeチャンネル「里崎チャンネル」も開設されており、Youtuberとしても人気です。

そんな里崎智也さんですが、その「里崎チャンネル」で楽天批判をして炎上してしまっているようです。

今回はこれらについて書いていきたいと思います

スポンサードリンク

里崎チャンネルとは?

里崎智也さんは1998年、ドラフト2位で指名され千葉ロッテマリーンズに入団し、2006年にはWBCに出場し金メダルを獲得されました。

ポジションは捕手で、パスボールの少なさや、内角をうまく突いていくリードを持ち味とし、1000試合出場し捕逸19個という日本プロ野球記録も持っています。

そんな名捕手として活躍されていましたが、2014年に引退し、引退後は千葉ロッテマリーンズのアドバイザーに就任し、解説者や評論家として活躍。

2019年3月末にはYoutubeチャンネル「里崎チャンネル」を開設し、Youtuberとしても活動を始められました。

自身のチャンネルでは、試合の解説や日本のプロ野球界に物申したり、野球ゲームの実況などを行っています。

スポンサードリンク

里崎チャンネルが炎上?理由は楽天批判?

そんな里崎智也さんですが、自身の「里崎チャンネル」で楽天批判をしたことがきっかけで炎上されたそうです。

7月6日に投稿した、7月3日~7月6日のプロ野球の試合を振り返る内容の動画(削除済み)で、楽天の球団を批判されたそうです。

7月4日に仙台で行われた楽天vsロッテ戦の7回降雨コールドについて、里崎さんは楽天の降雨対応を巡って楽天の球団を批判するような言動をされました。

 

視聴者達からは賛否両論の声が上がり、7月7日の今日に謝罪動画をあげられたそうです。

気にせず解説者が突っ込めない部分にどんどん斬り込んでほしいと思ってしまいますが、昨日の動画では言い過ぎたそうなので、勢いに任せるような発言には気を付けて今後も活躍されてほしいですね。

スポンサードリンク

ネット上の反応

これらについて、ネット上ではどのような反応があったのでしょうか?

反応を見てみたところ、

シートを貼る貼らないは球団が判断する事ではない

批判の矛先を間違えて、楽天球団を批判した里崎さんは謝罪するのはおかしくない

という意見と、楽天以外のファンが楽天の球団を批判しているツイートが多く見られました。

スポンサードリンク

まとめ

今回は里崎智也さんが開設した「里崎チャンネル」についての概要らについて書かせて頂きました。

楽天球団の降雨対応について批判をされたところ、炎上してしまったみたいですね。

ネット上の反応は賛否両論の声が上がっていることも分かりました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました