黒い雨が埼玉で降った原因は?野田市の火事と関係あり?

スポンサードリンク

こんにちは、MATSUです。

2020年3月2日に埼玉県にて黒い雨が降ったと話題になって居ますね。

黒い雨と言うと過去に広島で降った事があると言われて居ますが、今回の黒い雨の原因は同じものなのか気になりますね。

また、野田市の火事と関係があるのでは無いかと噂されて居ますが実際はどうなのかも見ていきます。

今回は、黒い雨について調べたことを書いていきます。

スポンサードリンク

黒い雨の原因は?過去には広島でも

埼玉県で黒い雨の降雨が確認された事についてですが、2020年3月2日頃に降って居た事が確認されて居ます。

結構目立っていますね。

過去には広島でも黒い雨が降った事が記録されて居り、原子力爆弾投下後に降ったと記録が残って居ます。

強い放射線が帯びて居たとも言われて居り、原子力爆弾が投下された長崎県付近でも黒い雨の降雨記録が残っているとの事ですから、過去の黒い雨の降雨は原子力爆弾が原因だった様ですね。

そして、今回埼玉県で確認された黒い雨が原子力爆弾や放射線に関係があるのかについてですが、埼玉県蓮田市の発表によると放射線測定を行なったが問題ないと記載されている為、上記広島や長崎で確認された黒い雨との無関係と考えて良さそうです。

現在、市内より「黒い雨が降っている」「道路が真っ黒」「車が真っ黒」との通報が相次いでおります。
情報によると、蓮田市だけでなく、近隣の市町でも同様の事象が起こっており、いたずらの類ではないということが判っております。

なお放射能測定を行いましたが、問題はありません。
現在、埼玉県東部環境管理事務所と情報交換を行い、事態の把握に努めております。

埼玉県蓮田市ホームページより引用

放射線関連ではないとなると別の原因がありそうですが、どうなのでしょうか?

次はそれらしい原因について書いていきます。

埼玉県の黒い雨は野田市の火事と関係あり?

埼玉県の黒い雨はこれが原因なのではないかと言われているものとして、2020年3月2日午前6時半頃に発生した千葉県野田市にて発生した廃プラスチック工場から発生した火事が原因なのではないかと言われて居ます。

かなり大規模な火災の様ですね。

黒煙がものすごい勢いで上がっている事が確認出来ます。

埼玉県の黒い雨が確認出来た時間帯から近い時間帯で確認出来ますし、過去の黒い雨にも黒煙の成分である炭素が含まれて居たとの頃から、これが原因である可能性はあり得るかもしれません。

広島県高須地区にある民家の応接間の壁裏に残っていた黒い雨の跡(白壁に上から墨滴を流したような黒い線)を分析した結果、炭素・珪素・鉄、そして原爆由来のウランが主な成分として検出されたことが、1986年1月17日に日本放送協会(NHK)が放映(製作:NHK長崎放送局)した番組の中で報告された。

Wikipediaより引用

ですが、今現状は黒い雨の原因として関連があると発表されて居ない為、あくまで可能性としてはあり得ると考えた方が良さそうですね。

SNS等で原因は野田市の火事とは呟かない方が良さそうですね。

まとめ

過去に確認された原子力爆弾が原因と言われている黒い雨ですが、埼玉県にて黒い雨が降った原因については放射線が含まれて居ないと埼玉県蓮田市から発表されている事から無関係な事がわかりましたね。

また、野田市で発生した火事が原因と言われている件については、過去の黒い雨に炭素が含まれて居た事や時間帯の一致を考えると可能性としてはあり得なくは無さそうですが、現状確定的な情報が出て居ないので、拡散等は控える様にしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました