長崎の会員制飲食店はどこ?みなとメディカルセンタークラスタ発生

スポンサードリンク

長崎みなとメディカルセンターでクラスターが発生したと報道されましたね。

これに関連しての追跡調査で、職員が立ち寄った市内の会員制飲食店でも感染拡大が確認されたそうです。

その長崎の会員制飲食店は一体どこにあるのでしょうか?

今回はこれらについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

みなとメディカルセンターのクラスターとは?

長崎市と長崎みなとメディカルセンター(新地町)は2020年7日13日までに、センターの職員3人、入院患者2人の合計5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表されました。

同月11日までに確認された職員2人、入院患者1人と合わせ、センター内で確認された感染者は計8人となり、センターはこれを受けて院内でクラスターが発生したとしました。

センターと市によりますと、同月3日に感染を確認した長崎大学病院の20代男子実習生と、同月11日に感染が確認されたセンターの20代男性医療職が、2020年6月28日に市内の会員制飲食店でも食事をしていたそうです。

会員制飲食店での濃厚接触者がまた外出して広めていっていると考えると、接触者は凄い数になりそうですね。

スポンサードリンク

長崎の会員制飲食店はどこ?

その長崎の会員制飲食店は一体どこにあるのでしょうか?

調べてみたところ、まだ情報は出回っていないようでした。

病院の近い浜口と言う辺りの可能性もありそうですが、ホームページを公開していないでしょうから厳密にどこか特定するのは難しいかもしれませんね。

ただ長崎で飲食店、会員制で最近急に休みになったところと考えると、その内地元の人から場所は特定されそうですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回はみなとメディカルセンターでクラスターが発生した事などについて書かせて頂きました。

感染が確認された、センターの20代男性医療職などが行った、長崎の会員制飲食店はまだどこかは情報が出回っていないようでした。

ただ、急な休業でしょうし、その内地元の人から特定されそうですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました