熊本のコロナクラスターの会社はどこ?造船系は本当?

スポンサードリンク

熊本県と熊本市が2020年7月26日、新たに21人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表されましたね。

このうちの16人は20代男性が勤務する企業の同僚と取引先とのことで、クラスターが発生したとみられています。

そのクラスターが発生した会社一体どこにあるのでしょうか?

また、造船系との情報もありますが、これは本当なのでしょうか?

今回はそんな熊本県で発生したクラスターについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

熊本でコロナクラスター発生

熊本県と熊本市が2020年7月26日、新たに21人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表されました。

1日の感染者確認数としては県内過去最多だそうです。

そのうちの16人は同月25日に感染が確認された、有明保健所管内の20代男性が勤務する企業の同僚と取引先で、県内初となるクラスターが発生したとされます。

県によると、20代男性の勤務先も同保健所管内にあるそうで、新たに感染した同僚も含めて同じ事務棟のフロアに勤務されていたそうです。

従業員は80人近くいて、普段からマスクを装着していなかったようです。

自分が感染者ではないと思ってマスクを装着していないと、どんどん広がってしまいますよね。

自分が感染者の可能性を常に考えて行動していないと、今後は益々大変なことになりそうです。

スポンサードリンク

クラスター発生の会社はどこ?造船系は本当?

そのクラスターが発生した会社は一体どこにあるのでしょうか?

調べてみたところ、造船系の会社ではないかと噂されていることが判明しました。

また、長洲にある日立造船ではないかとの噂も浮上しており、2020年7月27日執筆時時点(12時頃)では検索候補にまで出てしまっています。

ただ、社名についてはどこか公表されていませんし、根拠の強い証拠もありませんから、あくまで噂の域でありデマの可能性が高そうですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は熊本の会社で発生したコロナクラスターについて書かせて頂きました。

まだ会社がどこかは特定されていないみたいですが、造船系ではないかと噂されている事が分かりました。

日立造船の名前が候補に挙がっていますが、根拠などは特にないみたいなので信憑性に欠けますね。

デマの可能性が高いので鵜呑みにしない様にしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました