岸本斉史の新作サムライ8八丸伝が打ち切りは本当?【NARUTO作者】

スポンサードリンク

こんにちは、MATSUです。

2020年3月18日頃にNARUTOの作者、岸本斉史さんが連載しているジャンプの新作漫画、サムライ8八丸伝が打ち切りとなると噂になっていますね。

NARUTOと言えばジャンプの中でもかなり人気の漫画ですし、その作者の新作となると人気がありそうな感じがしますが、打ち切りの危機に瀕しているんですね。

今回は、サムライ8八丸伝が打ち切りが本当なのか調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

岸本斉史の新作サムライ8八丸伝とは?

サムライ8八丸伝とは、ジャンプで大人気だった忍者漫画のNARUTOの作者である岸本斉史さんが連載している漫画です。

連載自体は2019年5月13日からされており、NARUTOの作者の最新作とかなり話題になったそうですね。

ジャンプ公式サイトを確認したところ、漫画の概要は以下の様な感じの様です。

走れない!固いものも食べられない!超がつくほどの貧弱体質の少年、八丸。彼の将来の夢は侍になることだった。
父親に助けてもらわなければ、生きていけない八丸にとって、それは到底叶わない夢に思えた。
しかし、彼の前に猫の侍が出現したことで事態は急変し…!?
超大ヒット作家&期待の実力派が解き放つSF侍活劇、いざ開幕!!

ジャンプ公式サイトより引用

漫画の内容としては弱い主人公が強い猫の侍の出会いを経て強くなっていくみたいな侍の話の様ですね。

割とジャンプ漫画ではよくある感じはしますが、どことなくNATUROを思い出しますね。

大きな夢を持っている感じもナルトっぽい感じがしますね。

ナルトよりは小さな夢な感じもしますが笑

そんな、期待大なサムライ8八丸伝ですが、次号(2020年17号)で打ち切りになる様な話が出てきている様です。

岸本斉史の新作サムライ8八丸伝が打ち切りは本当?

こちらの情報について詳しく調べてところ、情報の出所がはっきりしてはおりませんが、打ち切りと言われている原因らしき画像を見つけました。

こちらの画像の下の方にサムライ8八丸伝があるのですが、作者コメントにて「これまでお付き合い頂き有難うございました。幸せな時間でした。またいつか」と記載されてます。

確かに最終回のコメントな感じはしますね。

この紙面に次の最新号、2020年17号(2020年3月23日発売)と記載が確認できる為可能性としてはあり得ますが、2020年3月19日の現時点で実際に発売されている訳ではないので、本当かどうかはわからない状況でもあります。

また、2020年16号発売時のコメントを見る限り、次号最終回の様な記載も特に無かったのではないかと思われます。

ただ、サムライ8八丸伝の人気自体は低迷している様で、普段の掲載順位もあまり高くなく、2019年12月頃には掲載順位が下から2番目だった事もあったとか。

ネット上の評判も「つまらない」や「NARUTOには勝てない」等のコメントも確認出来ますので、打ち切りになってもおかしくない状態なのかもしれませんね。

まとめ

サムライ8八丸伝はNARUTOの作者、岸本斉史さんが現在連載している漫画で、大人気漫画の作者の新作と話題になっていたのがわかりましたね。

サムライ8八丸伝が打ち切りかどうかは出処が不明な物の最新号らしき画像がネット上に流出しており、それを見る限り打ち切りになってしまった様に見受けられるのがわかりました。

出処が不明なのと最新号が発売されていない為、確定ではないものの掲載順位やネット上の人気を鑑みるに、打ち切りに合ってしまった可能性はありそうですね。

とりあえずは、2020年3月23日発売の最新号を待つのが良さそうですね。

最後まで読んでいただき有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました