香川県議会のネットゲーム規制条例可決でどう変わる?

スポンサードリンク

こんにちは、MATSUです。

2020年3月18日に香川県議会でネットゲーム規制条例が成立したと話題になっていますね。

内容としてはゲームは1日60分等との事ですが、実際どの様に対応していくか等が気になるところですね。

今回は香川県議会のネットゲーム規制条例可決によってどの様に変わっていきそうか書いていけたらと思います。

スポンサードリンク

香川県議会のネットゲーム規制条例可決でどう変わる?

実際にどう変わっていくか見ていく前に香川県議会で今回可決したネットゲーム規制条例の詳細を見ていきます。

保護者は、前項の場合においては、子どもが睡眠時間を確保し、規則正しい生活習慣を身に付けられるよう、子どものネット・ゲーム依存症 につながるようなコンピュータゲームの利用に当たっては、1日当たりの利用時間が60分まで(学校等の休業日にあっては、90分まで)の時間 を上限とすること及びスマートフォン等の使用(家族との連絡及び学習に必要な検索等を除く。)に当たっては、義務教育修了前の子どもにつ いては午後9時までに、それ以外の子どもについては午後10時までに使用をやめることを目安とするとともに、前項のルールを遵守させるよう努めなければならない。

香川県ネット・ゲーム依存症対策条例議案より引用

こちらをまとめると、学校等の通学がある日が1日当たりの利用60分、通学がない休業日は90分までの利用となっています。

時間についても制約があり、インターネットに繋げられるスマートフォンの利用も含まれる様ですね。

家族との連絡及び学習でのスマートフォンの利用は除くとされている様ですが、この辺りの塩梅はかなり難しそうですね。

また、この対象者とする子どもは18歳未満の者とされています。

そうなると、高校3年生で誕生日を迎えた人は対象外となりますが、この辺りはどうなんでしょうね。

このネットゲーム規制条例可決で実際どの様に変わるかですが、条例には目安との記載があったりルールを尊守させるよう努めなければならないとあり、現状はかなり曖昧な状態であります。

香川県議会が今後どの様なルールを設けていくのかにもよりますが、時間の測り方等も難しい部分がありますから家庭内が息苦しくなりそうな感じはしますね。

もう少し具体的な部分が決まってくれば予測も出来そうですが、保護者に対するルールが守れなかった場合の罰則等も設けられていないですし、施行されたからと言ってすぐ変わる事はなさそうですが、厳しい家庭では条例を盾に子供に規制させる等も考えられますね。

2020年4月1日から施行していくとの話ですから、そこからどうなっていくかですね。

まとめ

2020年3月18日に香川県議会で可決されたネットゲーム規制条例について調べたところ、18歳未満を対象に通学日は1日60分、休業日は1日90分の上限を設け、保護者にルールを尊守させる様に求める条例である事がわかりました。

18歳未満となると高校3年生の18歳は対象外になりますし、守らなかった場合の保護者への罰則等も特に定められていませんから、施行されたからと言って劇的に変わる可能性は低そうな感じもしますね。

とは言え、家庭内での不和や厳しい家庭での影響はありそうですから、今後が心配ではありますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました