福岡のクレーン事故のゼネコンはどこ?清水建設は本当?

スポンサードリンク

2020年9月12日午前10時過ぎ、福岡市中央区大名2丁目の商業施設の建設現場で、大型クレーン車1台が倒れる事故が起きました。

その福岡のクレーン事故のゼネコンは一体どこにあるのでしょうか?

また、「清水建設」との名前が出ていますが、これは本当なのかも気になりますね。

今回は、福岡のクレーン事故について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

福岡の天神ビッグバンでクレーン事故

2020年9月12日の午前10時過ぎ、福岡市中央区大名2丁目の商業施設の建設現場で、大型クレーン車1台が倒れる事故が起きました。

男性作業員の1人が病院に搬送されて、福岡市消防局によると、意識不明の重体との事。

福岡中央署によると、クレーンのアーム部分の長さは約40メートルで、土台工事中に横転したようです。

「天神ビッグバン」の一環で、米国系の高級ホテル「ザ・リッツカールトン」などを核とする地上25階、地下1階の複合ビルを建設中での事故でした。

クレーンの転倒事故などは時々発生しますが、細心の注意をしていても事故が発生するものなんだと思います。

男性作業員の無事を祈ります。

スポンサードリンク

事故のゼネコンはどこ?清水建設は本当?

そのクレーン事故が発生した、ゼネコンはどこなのでしょうか?

調べてみたところ、「清水建設」との名前が浮上してきました。

2022年12月での竣工を目指しており、施行は清水建設JVだったようで、この噂は本当でした。

現在(9月15日)、清水建設のホームページでは事故報告はされていないようです。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、福岡のクレーン事故について書かせて頂きました。

ゼネコンは、「清水建設」で、現在のところはホームページなどで事故報告はされていないようです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました