広島知事が炎上?県職員の10万円を財源検討は事前説明なし?

スポンサードリンク

2020年4月21日に広島県知事の湯崎英彦さんが県職員に支給される10万円を財源にしたいと発表されたとして話題になっていますね。

案の定、何を考えているんだとネット上では大炎上している様です。

また、県職員の10万円給付を財源にすると言う話は事前に説明もなかったとも言われています。

今回はこの広島県知事の炎上について書いていきます。

スポンサードリンク

広島県知事の県職員の10万円財源検討は事前説明なし?

2020年4月21日に記者会見で広島県知事から発表されたのは、一律給付される予定の10万円を県職員から自主的な寄付を募り、財源にしたいと言うものでした。

理由としては、財源が足りないからと言う事の様ですね。

広島県は休業要請に応じた中小企業及び事業主に対して協力支援金を支払う考えを示しており、これに必要な財源は100億円と言われていますし、本当に財源が足りていない状況だとは思われますが、県職員にだけ協力金を募るのもいかがなものかとは思いますね。

また、これらについて県職員に対する事前説明はなかったとの事だそうです。

一方、県職員からは不満の声が漏れる。男性職員の一人は「事前に説明があっても良かったのでは。強制でなくても、『右にならえ』で出さざるを得なくなると思う」と戸惑っていた。

ライブドアニュースより引用

強制じゃないとの事ですが、寄付した方々からの同調圧力等もあるでしょうし、場所によっては半ば強制で徴収される可能性もありそうですね。

広島県知事がネット上で炎上?

この広島県知事の発言を受けて、インターネット上では美談として語るなと炎上している状態です。

自己犠牲で本当に自分から差し出す等はなら美談になるかもしれませんが、トップである人間から差し出してくれと言うのも変な話ではありますよね。

美談だと炎上している以外にも、懸念点として民間企業が従業員の給与をカットする要因になる可能性があるのではないかと言われていますね。

流石に通常時の給与から10万円をカットする等の話はまかり通らないかもしれませんが、ボーナスカットくらいは普通に出てきてしまいそうで怖いですね。

実際にこの話が出る前から給付金出るからボーナス10万円カットと言う話も出ていますし、なかったことになってくれるといいのですが。

まとめ

広島県知事が財源が足りないとして県職員の10万給付を自主的な寄付として募りたいと検討している事がわかりましたね。

ただ、この話は県職員に事前説明も無かったと言われており、同調圧力が懸念されそうですね。

また、上記広島県知事が美談として語るなと炎上している他、これを受けて民間企業が給与を巻き上げる可能性があるのではないかと懸念されているのがわかりましたね。

ボーナスカットの口実としてまかり通る可能性もありそうですし、なかった事になってくれると良いのですが。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました